2017/10

<< October 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

 

ADMIN

 

ちょいと早いけどメリークリスマス

やっと8マイル見た!フムフム。ラストサムライも見た。アツイ姿はマジ惚れる。つまり人の目を気にするから負けるのであって、どんだけスッ裸で勝負出来るか?無心になれるか?っつう意味ではかなり共感出来る。そんな心意気でモカフューチャーもやってみたんだけど良かったっしょ?まだまだなのは承知の上、しかしカッケーよ。アルバム作りたい。スモーガスも蘇生し始めて来たし。全体的にvibsええんちゃうん!アフロスカルスタジオも復活しようとしたが散らかり過ぎていた為12aとタケシ君に掃除手伝ってもらった。サンキュー。
そして皆様へ、ちょいと早いけどメリークリスマス。


今の為に過去がある

イヤー小心だからようと言いつつ月日が立つと少し落ち着いてきた気がする、ちょっとづつ満足してきている。やっぱり今の為に過去があるんだなぁと思う。
だからバットに落ち込んでる人も気にする事はないと思う、特にガンバらなくても押し忍んで時を待ってみれば包まれる日はやってくるぜ!外は寒いけど海は温水プールみたいだよ。
中野のDJは激シブ&激レアなセレクトしてみた。なかなかアレは聴けない。
実はジュニアが飛び入りするかもしれなかったが暗闇の向こうに居すぎてうまくコンタクトとれず実現しなかった。てか針が折れた、ちょっとしたドッキリやで。
asiaはDnBで攻めた。アタルくんは初MCだったらしい。初体験。つまりデビュー戦。
12/6はデイタスピーカ改めROOKYTRAX。しかし改め……。
みたいなみたいな。結構いい感じかも。んで夜中smorgasミルクと二連ちゃんですわー。がんばりますわー。ちなみにデイスピはclub asiaのコンピlub grafttie2のイントロで参加した。宅録スタイル。
あと1ヶ月正々堂々と生きましょう。


日本中の小雪達に愛を叫ぶ

「お前らもう帰さないゾ」と言う訳で日本中の小雪達に愛を叫びつつツアーは無事終了した。とにかく東西南北の野郎共の熱い拳に支えられ泣けた日々だった。感受性を突き上げる熱い声は涙を越えて眠る事を許さない狂喜へと変貌しオレの五感へアプローチしてきた。未だに安眠への道は遠そうだ。上を目指すにはフラットな状態を通過しないと不安で仕方ない。多分それ程関係無いのだろうが…オリャー小心だからよぉ。
誰か満足させてくれ。金もくれ。
Ah!そしてサンキュー。I Love You Too.


鮭も凶器になる

ツアーも折り返し地点。とりあえずみんなアツイねぇ。ホントに。涙がちょちょぎれるぜ。ところが外気は冷たくなり起きるのに一苦労。この分じゃ冬にはあと何苦労かかるのか…まー、実際気合いなんだけどね。今年は2月から南国にやられていたのでまた寒いのは嫌だ。
こんな愚痴をエスキモーさんはなんと言って慰めてくれるのか?
たぶん凍った鮭でぶん殴られるのがいい所だろう。あんなにおいしい鮭も凶器になるんだから気を付けないと。やすい弁当の鮭は鮭じゃなく鱒だそーだ。歩くトリビアがそう言ってた。「へーへーへー」とうなずくしかない。生きるスベは、うなずき&マーチだ。うなぎ好きなまっちは生きるスケベだ。
しかしピンク街はピンク一色で覆われているのに、普通に女の子はピンクが「可愛い!」と飛びつくのだろうか?謎だ? どーなんだいエスキモーさん!!
とにかく早い事夢見る青春が、ネクストステージを迎える様に秋を超えよう。YO!後半戦も熱いオーディエンス魂を見せてくれ。


このバカチンがぁ

いやぁ早い速い。デイタスピーカのPV下高で撮影してからもう1年たってんじゃん!幻のリキッドライヴから…えぇぇ。 と言う訳で相変わらずあっという間です。
19日のライヴありがとう。上手く説明出来なかったので改めてまして。
今年に入ってからのデイタスピーカの活動がどんどん変わって原型を留めなくなったので、基本に戻るべくDJユースな音作りを1人でやる事にした。
で、今12aとタケシくんと新しく作ってるのが、これまたカナリ良い感じになって来たのでROOKYTRAXと言うnewチームとして活動する事になりました。ヨロシク。
んでsmorgasのインストアありがとうございました。盛り上がったね。このバカチンがぁ。ツアーでまた逢おうぜ。


カーステの爆音は勇気をくれる

九月も中盤です。秋という事だけどナイス残暑。リワインド夏。でもコンクリートジャングルでわキツイね。
んで、仙台でのライヴは、かなり久しぶりだったのに盛り上がってくれてアリガトウ。自分も最高に楽しかったよ。そして何気にかぶってたスマライヴも実はかなり見たかった。エンターテイメントだったんだろうね。
ミルクもお疲れさま。ヤスと電脳は最近ヤバいね。個人的にはかなりはまってる。上げすぎ。マッシブ。
9/19の下北沢251のデイタスピーカも遊びに来てね。ナンテッタッテある意味、見納めなので。ticket@eq-records.com。ヨロシク。真相は当日発表。挨拶の言葉を考えないと。シクシク…いやいや、ブイブイ。マッシブ。
翌日20日は渋谷のハチ公から3分と言う便利なクラブでキロとヤスとケンタロウ(懐かし)のイベントに呼ばれたので参加します。タイトルはジャッジメント。ハコの名はプラグ。こりゃ結構コアな感じでやるんちゃうんかな。
それと、車はやっぱり必要だね。カーステの爆音は勇気をくれる。


4人目

みんな元気?ご無沙汰です。オレは、コンピュータの前にあまり居らず、更にネット接続が出来るマイコンには全然触っておらずチョーお久な感じ。まずは8日のデイタスピーカ初ライヴハウス下北沢251ありがとう。個人的には結構先見えたね。マチガイナイ。が、12aのぎこちなさは否めない訳で。。だが次はスクリーミングソウルヒルのイベントなので更なる飛躍を新曲と共に期待あれ。翌日は、まだまだ修行の身という事で頭を丸めた。てか剃った。めちゃ楽チン。その後DJしにエイジアPへ。
来門に「マチガイナイないでしょ」と言われ、トシュに「つーか僧侶」と言われた。言えてる。んでブースに入り準備してると「10分位show挟むからヨロシク」という事で待機。するとビートVOXの1人がリズムを刻みカッコイイ空間を作り始めた、そしてMCを1人づつ紹介し始め2人目、3人目、4人目「って4人目クボズカヨウスケじゃん」と驚いた。歌ってる時の目は鋭かった。惚れたぜ乾杯。その後、来門とBON4にMCをしてもらい1時間位DJで盛り上がった…あれから何もしてねーなぁ。
最近は穏やかな毎日が最高。サーフィンして、筋トレして、プール行って、整体行って、DVD見て、寝る。という5年ぶりの夏休みをエンジョイしてる。このまま続けば良いのに。と思いながらも、そろそろsmorgasもCDリリースだぜ!ヨロシク。今週は関西&九州エリアライヴガンバ。
あとTeeも沢山の通販申し込みありがとうございます。あれってオレが包装係してるのでヨロシク。


ロッキンジャパン2003

最高でした。ロッキンジャパン2003。ひろみGOの様にジャパンと言ってしまいそうな位に気持ち良かった。鹿野さんはこのフェスはロッキンジャパンなのになんで来門はロッキンオンって叫んでるんだ?と言ってた。確かにそうかも、オレも何気に気付か無かった。適当でスイマセン。いや適当じゃねーし。DJプレイもバイナルモードにせず無理矢理のリワインド失礼。そしてその後の写真。
もっと失礼。泥酔のため目空いて無いと思うよ。sorry。今度今一度撮り直そうぜ。 とりあえず日焼け痛いけど良い夏開き、梅雨明けだった。でしょ?絶対晴れるって言ったじゃん!オレの言う事マチガイナイ。


海に出た

久々のライヴも何本かこなし、いよいよ夏フェスを向かえる。とりあえず太陽の下で楽しんで行こう。雨は降らないでしょ…そしてロッキンオンの記事での心配&応援の声ありがとうございます。
中田的日記スタイルで言うなら、まぁオレ自身が曲を書けなくなった訳ではなく、アイデアはあります。ただ今のチームに対するアプローチが追いついて来ないだけ、で、悲しいとかとも違うと思う。が。スモーガスは生き物であるが故に過去から未来の流れは止められず、その過去や未来が暗かろうが明るかろうがそれは分からなく止まる事は無い。そしてオレ個人が作った第一期スモーガスは終わった。
でもこれは明るい未来かもしれない。何故ならオレのイメージは、とてつもないライヴ感を持ったレコーディングアーティストを作ろうとしてスタートしたバンドが本当にライヴバンドになったからだ。空想が現実になったようなモンだ。しかし伴うリスクもあった。身を削った痛みは幸と出るか不幸と出るか、キミのみぞ知る。
そして第2期オレはあるのか、時のみぞ知る。
と、ここまで書いて海に出た。デイタスピーカの表1の浜辺はエイベックストランスでギャル達が狂気のダンスを繰り広げてる。イイ眺めだ。中ジャケの辺りは手前にサーファー、奥にヨットマン達がいる。この日は波も静かでロングボードでゆっくりとが気持ち良さそう。しかしオレに時間もなく、もう行かなきゃ…今年も焼けずか?
そうだ!時間割を作ろう。砂アツゥ。


フィリオの様に

マイコンのソフトもverアップしたしサウンドカードもデモ機を挿しもらえそうだし、大体の細かい事は終わってきたので自分OSもリスタートしようと断食してみた。
初挑戦プチ断食3日間。キツイような、そうでもなかったような。自分とバトってる感じは気合で乗り越えると体育会系の「やってやったぜバカヤロー」的快感だった。
デイタスピーカ七夕発売は惜しくもグダグダになった。謎。とりあえず今回はレコーディング、ミックス、マスタリングまで自分でやってみた。以外に良くネェ?
あとチッタでオレのズボンは脱げたのか脱いだのか?答えは脱いだが正解。意味は気持を込めて「FU×K野郎に」と、お届けした。癒しを求めてる場合か?闘え。
フィリオの様に。



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--