2017/08

<< August 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

 

ADMIN

 

smorgas制作と横浜レゲエ祭

 スモーガスの制作やっとります。


奥にゆうこちゃんがいます。


EOSにはそのドラム姿を撮りまくったんだけど
iphoneにはありません。
かわりに


変わりになんねーか。。
そんな合間にスパニッシュ1500とアルゼンチンライモンの
暑いセッションも繰り広げられました。

その曲もお客さんに伝わるように綺麗にまとめてレコーディングしました。



そして横浜レゲエ祭!



いぇいいえい!!

楽しいんじゃエー!

みんなの輪!



人いっぱい。



人いっぱいだ。



Fesはビールだ!



今回は客席内にもステージが!



だんだんと夜を迎えると

今度はスタンドの後ろ側からも登場!



凝ってマッス。


そして今回のレゲエ祭目前の7/26にHOME GROWNの

パーカッションのshinnji manが膵臓がんで亡くなった。

マイティクラウンがその事を語り。叫び。今生きているキミ達へと

チョーゼンリーのソロ曲 『song of love』をかけた。パーカッションと歌だけのミックスだ。

会場の全員が光を灯した。



何よりグッと来た。

この歌は「僕が死んでもあなたが幸せでいれるように今を生きる」

という曲だ。

本当の愛の歌だ。

オレもこんな歌を歌いたい。


ギタリストになりたくて入った音楽の世界。

今ではアレンジや作曲家などの活動もしている。


それは


半分は好きな音楽。

半分は仕事の音楽。


だけど


10数年前にスモーガスというバンドを作った時

プロとして初めてマイクを握り

ラップや下手くそな歌を歌い始めた。

その瞬間に自分はもう一つの

音楽に出会った。


自分の言葉を自分で歌い、外へと伝える世界。

この歌の世界は「好き」、「仕事」とは違う何かがある。


感じる事。感じさせる事。

とても素晴らしい世界だ。


誰にも邪魔されない。

誰も入る事が出来ない。

言葉を音楽に乗せるモノだけに

許された宇宙。


マイクに向かうならば

オレもあんな歌を歌いたい。

涙溢れる歌。

胸がいっぱいになる歌。


そしてレゲエ祭のトリはFireBall!



ドリーマーをはじめ、力強い曲達。

横浜レゲエ祭全体が今の日本を元気づけるイベントだった。

本当にリスペクト!!


さぁ!腹が減っては何も始まらんって事で中華街へ。


これはっ!

なんとこの日の王様のブランチのグルメコーナーで

1位を取ったチャーハンやないかー!



ぶらりとしてただけなのに…

巡り会いは必然やなー。

めちゃくちゃ美味い!


駅のホームはこんなんでした。



オレは逆に帰ったじぇい。


では今週も優しいsoulな感じで。


オフィシャルはココ
マイスペはココ
お問い合わせはココ

ainee_powellsをフォローしましょう

wasa_cafeをフォローしましょう

Mayer Hawthorne - Maybe So, Maybe No from Stones Throw on Vimeo.


comment

既に、胸がいっぱいになる曲を届けてもらっていますよ。何度すくわれたことか。
でも、もっともっと上へ上り詰めてください!
せっかく再スタートをきったので。
スモーガスは、いつ頃発表になるのでしょ?

  • chika
  • 2011/08/15 6:37 PM









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--